BREAKING NEWS

ヤマト出航!

「ごめん、ごめん。遅くなちゃった」

森雪は、ヤマトの第二艦橋に入った。

「波動エンジン始動!」

航海長の島大介がヤマトの波動エンジンを始動させながら、復唱していた。

艦長代理の古代進は、艦長席に腰掛けていた。通信班長の相原や南武たちも、ヤマトの出航前で忙しそうにしていた。戦闘班長の席には祥恵が腰掛けて、波動エンジンのエネルギーの充填を確認していた。

遅れてきた森雪は、急いでレーダー席のところに移動した。

「雪さん、遅刻」

ちょうど戦闘班長の席の後ろを通りかかったとき、祥恵が振り向いて森雪に言った。

「ごめん。生活班の新人研修に時間を取られちゃって・・」

森雪は、祥恵に言った。

「え、今回の新人は、生活班にも新人いるんだ?」

「そうなのよ」

祥恵に聞かれて、森雪は答えた。

「とっても可愛い女の子よ」

「そうなんですか。雪さん、先輩ですね。今度、私にも会わせてくださいね」

祥恵は、森雪から話を聞いて、笑顔で答えていた。

「うん、もちろん。その子がヤマト乗組員としてもう少し上達したら、祥ちゃんにも紹介するね」

森雪も、祥恵に笑顔で答えた。

「ヤマト発進!」

隣の席の航海班長、島大介がステアリングを上昇させながら叫んだ。宇宙戦艦ヤマトは、停泊していた海上から離れて、空に飛び立った。

「それじゃ、また」

森雪は、祥恵と別れ、自分の担当のレーダー席に着く。祥恵も、戦闘班長の職務に戻る。

「コスモタイガー隊、ヤマトに接近!」

通信班の相原が、第二艦橋前方の大型スクリーンにヤマト前方を飛ぶコスモタイガー隊の姿を映し出しながら言った。

先ほど、宇宙戦士訓練学校の上空でパレードをしていた坂本たちのコスモタイガー隊が、パレードを終えて、ヤマトに合流するためやって来たのだ。

「こちら、コスモタイガー卒業生。これよりヤマトに合流します」

コスモタイガー隊よりヤマトに通信が入る。

「格納庫のハッチ、オープン!」

艦長代理の古代進が格納庫に指示し、ヤマト下部にある格納庫のハッチが開いた。そこから、新人コスモタイガー隊の機体は、順番にヤマトの中に着艦していた。

全員のコスモタイガー機がヤマトに着艦する中、一機のコスモタイガー機だけがヤマトの、ちょうど第二艦橋前方のところでアクロバット飛行を始めた。

「なに、やっているの?あいつ」

そのコスモタイガー機を見て、思わず戦闘班長の席を立って、祥恵は叫んだ。

「あれは、たぶん坂本ってやつだろう。今期のコスモタイガー卒業生の中で腕は達者なのだが、かなりのプライドの持ち主らしいから、自分の技術を見せびらかしているつもりなのだろう」

横にいた島大介が、祥恵に言った。

「何をやっているの!とっとと格納庫に着艦しなさい!」

祥恵は、通信マイクを手にすると、前方でアクロバット飛行しているコスモタイガー機に向かって、大声で怒鳴った。

「お気に召しませんでしたか?」

坂本は、コスモタイガーの機上から、特に悪びれた様子も無く、大声で怒鳴ってきた祥恵に返事してきた。

「早く着艦しなさい!」

もう一度、祥恵は坂本に注意した。

「とっても大変な後輩が来たな」

島大介は、ちょっと苦笑いしながら、横の祥恵に話しかけた。

「祥ちゃん、お互いに大変ね。新人研修」

後ろのレーダー席から森雪が祥恵に声をかけた。

「雪さんも、新人たいへんだったの?」

祥恵は、さっき森雪が遅刻してきたことを思い出して、森雪に返事した。森雪は、笑顔で頷いた。

「さっき、雪さんは可愛い女の子とか言ってたけど、本当はとってもお転婆な新人生活班だったりして・・」

祥恵に言われて、森雪は苦笑しながら頷いていた。

「お互いたいへんね」

「頑張りましょう!」

2人は、それぞれ相手の新人のことを想像しながら苦笑していた。

こわい教官につづく

Related Post