BREAKING NEWS

不思議な力の正体

「お母さん!ゆみの理由がわかったよ」

お姉ちゃんは、茶色い家のリビングでテレビを見ながら、台所のお母さんに言った。

「なあに?」

お母さんが、台所から皮をむいていたジャガイモを持ったまま、出てくる。

「ほら、ゆみ以外にも動物たちを救った子どもがいっぱいいるみたい」

お姉ちゃんは、テレビの報道番組を指差しながら言った。

「今日、世界各地で不思議な出来事がありました」

テレビのアナウンサーは、ニュース原稿を読んでいた。

「世界各地では、宇宙人ガミラスの隕石、遊星爆弾から避難するために、人々は各主要都市の地下に作られた地下シェルターへの避難行動が続いていますが。避難中の家族で、障害を持った子ども、例えば目が見えない、手足が不自由などの子どもたちが突然、空に向かって手をかざすと、ガミラスの宇宙船が舞い降りて来るという事件が多発しています」

アナウンサーの報道は、続いている。

「彼ら子どもたちにより、呼ばれた宇宙船は、本来の乗組員である宇宙人たちを船から追い出し、代わりに、呼ばれた子どもたちの指示に従って、地上に取り残された動物、植物たちを保護し、地下シェルターまで避難させています。宇宙船で避難して来た植物たちは、地下シェルター内の大地に根をはり、動物たちは、その自然の中、新天地での暮らしを始めています」

お母さんは、祥恵と一緒にテレビのニュースに見入っていた。

「地下シェルターに避難して来た、動物、植物たちを宇宙船で救った子どもたちのことを、病院で精密検査してみると、どの子どもも、目が見えない子は目が見えるようになっている、足が不自由な子は歩けるようになっている、など、いずれの子も、自分が持っていた障害が克服されているそうです。医師の話では、ガミラスの宇宙船や遊星爆弾が放っている放射能、放射線が子どもたちの身体に何らかの影響を与え、障害が克服されたのではないかと推測しています。が、詳しい原因については解明されていません」

ニュース報道が終わった。

「今のニュースって、それって、ゆみのことじゃないのか?」

2階のベッドルームに枕や布団を取りに行っていたお父さんが戻ってきて、ニュースを見て言った。

「だよね。やっぱ、お父さんもそう思った。私も、ニュースを聞いた瞬間に、今日のゆみのことじゃんって思った」

祥恵が、お父さんに言った。

「でも、ゆみは障害なんか持ってないわよ」

お母さんが言った。

「持っているじゃない。生まれつき、病弱だったでしょう」

祥恵は、お母さんに言った。

「病弱っていうのも、障害のうちに入るのかしら?」

お母さんは、リビングのソファで寝ているゆみの頭を撫でながら、つぶやいた。

「お、お母さん・・」

お母さんに撫でられて、気を失っていたゆみが目覚めた。

「ゆみ、気がついた?大丈夫?」

「うん、大丈夫。なんかすごくお腹が空いた」

ゆみは、起き上がって、お母さんに答えた。

「そう、お腹空いたの?今日は、ゆみちゃんは大活躍だったものね。すぐ、ごはんにしましょう」

お母さんは、キッチンに戻って、食事の支度を再開した。ゆみも、お母さんにくっついていき、夕食の、料理の手伝いを始めた。

 

「ねえ、お母さん。動物たちってどうなったの?」

ゆみは、夕食を食べながら、お母さんに聞いた。

「宇宙船に乗っていたじゃない。ゆみちゃんの目の前で」

「そうだったよね。ちゃんと地下シェルターまで着けたかな?」

「大丈夫よ。着けているわよ」

お母さんは、ゆみに言った。

「ゆみ。体の調子はどうだ?」

お父さんが、ゆみに聞いた。

「うん?ぜんぜん普通。元気だよ!」

ゆみは、お父さんに答えた。

「念のため、地下シェルターに行ったら、病院でも診てもらった方がいいよね」

お姉ちゃんが、ゆみに言った。ゆみは、お姉ちゃんに頷いた。

「地下シェルターっていつ行くの?」

ゆみが聞いた。

「明日には、必ず行けるさ」

お父さんが答えた。

「明日か・・」

「明日かって、ゆみが井の頭公園に行きたいって言うから、今日、地下シェルターに到着できなかったんじゃない」

お姉ちゃんが、明日かってつぶやいたゆみに言った。

「明日には、地下シェルターに着けるよね?そろそろ、地下シェルターに入らないと、きっとこの辺じゅう、隕石の爆弾で放射能だらけになっちゃう」

「ゆみが、明日どこか他のところに行きたいって言わなかったら、明日は、ちゃんと地下シェルターに着けるよ」

「もう他は行きたくない。地下シェルターに行きたい」

お姉ちゃんに言われて、ゆみは答えた。

「まったく。ゆみったら現金なんだから」

お姉ちゃんは、前の席からゆみの頭を笑顔で小突いた。

新宿の地下街につづく

Related Post