BREAKING NEWS

地球にようこそ

「しかし、本当に地球だ!」

太助は、大統領専用機の窓から自分たちが向かっている地球を眺めながら叫んだ。

「確かに、本当に地球だな」

古代進も、太助に同意した。

「200年後も地球は、こんなに変わらずに存在してくれているのか」

「俺は、200年後はもう生きていないかもしれないけど、こうして200年後の地球を眺められるなんて感動的だな」

坂本は、太助の横で窓から外を眺めながら話していた。

「本当に、200年経っても、緑豊かな、青い海に地球ってきれいな星だな」

「我が星ながら、誇りに思えるな」

古代進も、地球を見ながら、素直な感想を述べていた。

「それにしても、何が骨、骨した星なんだろう?立派に緑豊かなきれいな星じゃない」

祥恵は、ヤマトを出てくる前に妹が言っていた言葉を思い出して、つぶやいた。

「お姉さん、ゆみさんは、本当にもうお姉さんと別れ別れになるのは嫌なんですよ」

「そう、そうね。そうだけど、骨、骨した星とか大嘘とかって言い方はないわよね」

祥恵は、サーシャに言った。サーシャは、祥恵の言葉に対しては何も言わず、黙っていた。

「地上に着陸します」

大統領専用機を操縦していた加藤四郎が皆に言うと、地球に着陸した。

「うわ、本当に地球だ!懐かしい緑のにおい」

「いや、もしかしたら俺たちの住む200年前よりも、こちらの方が緑が豊かじゃないか」

「気持ちいいな」

ヤマト乗組員たちは、大統領専用機を降りると、目の前の緑の中を心地良い空気を深呼吸しながら、ぶらぶらと歩いていた。

そんな彼らの前に建っているコンクリートの無機質な白い立方体の建物の中から1人の女性が、こちらに向かって歩いてきた。ヤマト乗組員たちも、彼女の姿を見つけると、少し緊張した感じで立ち上がった。

「ヤマトの皆さんですね、ようこそ、200年後の地球へ」

女性は、ヤマト乗組員たちに丁寧な挨拶をした。

「こちらこそ、お招き頂きまして」

古代進も、女性に丁寧に挨拶を返した。

「どうぞ、こちらへ。晩餐会のご準備が整っております」

女性は、やって来た白い建物の中に、ヤマト乗組員たちを招き入れた。

建物の中に入ると、そこは広いエントランスになっていた。エントランスの壁面には、ピカソやダビンチ、ドラクロワなど地球の名画が美術館のようにたくさん掛かっていた。エントランスのフロアには絵画だけでなく、ロダンや武者小路などの地球の彫刻がいたるところに飾られていた。

「あ!ロダンの考える人だ!」

太助は、ロダンが作った考える人の彫刻の前に行くと、その脇に置いてあったソファに腰掛けて、自分も考える人と同じポーズをしていた。

「え、なんか変だな?」

目の前の考える人と同じポーズを取ってみて、太助はなんだかよくわからないが違和感を感じていた。その違和感が何かはよくわからなかったが。

「どうぞ、こちらへ」

女性が、ヤマト乗組員たちをエントランスの奥の廊下を通り抜けた先にある晩餐会の会場に案内した。ヤマト乗組員たちは、女性に案内されて、廊下の先にある会場に入っていった。会場までの廊下の両壁にも、地球の名画がたくさん飾られていた。

「あ、上村松園の絵じゃない」

祥恵は、廊下の壁に飾られた1枚の絵に気づいて、つぶやいた。

「え、でもこれって上村松園の絵かな?」

祥恵は、目の前の上村松園の絵に何か違和感を感じていた。それが何なのか解明する前に、女性に会場を案内され、会場の中に入ってしまった。

「ようこそ、ヤマトの皆さん」

晩餐会会場の一番奥の席には、先ほどヤマトで通信していた200年後の地球総司令官の姿があった。

「宇宙戦艦ヤマト、総合戦闘班長の古代進です。お招き感謝します」

古代進が、地球総司令官に挨拶をした。

「まあまあ、固い挨拶は抜きにして、君たちも、我々も同じ地球人同士ではないか。食事をたくさん用意させていただいた。まあ腰掛けたまえ。そして召し上がってください」

地球総司令官に言われて、ヤマト乗組員たちはそれぞれ席に腰掛けると、目の前の豪華な食事を頂いていた。太助などは、総司令官に固くならずにと言われると、テーブルマナーも作法も忘れて、目の前の豪華な食事を口いっぱいに頬張って食べていた。

皆が思い思いに食事を楽しんでいると、会場の照明が突然暗く、薄暗くなって、正面にある白い壁面に映画が映し出された。

「ここで、ひとつ皆さん方、ヤマトの活躍を描いた映画を楽しんでもらいたい」

地球総司令官は、ヤマト乗組員たちに伝えた。

「200年前の地球での君たちヤマトの活躍は、ここ200年後の地球でも有名で、その活躍は度々映画になっているぐらいなのだ」

そして、200年後の地球人たちが制作したヤマトの映画が上映された。ガミラス人が遊星爆弾を地球に落としてきたところから始まり、それで宇宙戦艦ヤマトが誕生し、イスカンダル星にコスモクリーナをもらいに行き、地球の放射能をきれいに浄化した。その後、白色彗星が襲ってきて再びヤマトは戦いに出て、見事に白色彗星を倒した。その後、暗黒星雲の艦隊に襲われたガミラス星とイスカンダル星の救出のためにヤマトは三度戦いに出た。そして、今回小惑星イカルスから暗黒星雲の中を通り抜けて、ここまでやって来るところまでを描かれていた。

「俺たちって、こんなに長い戦いをしてきたんだな」

映画を見てきたヤマト乗組員たちは、感慨深げだった。

そして、その映画のエンディングは衝撃的なものだった。暗黒星雲に突入したヤマトは、そのまま暗黒星雲の中から地球に戻ってくることはなく、そのまま暗黒星雲の中で気流にもまれて爆破、大破してしまっていた。

「え?暗黒星雲の中で爆破?」

「ヤマトは、もう地球に帰れないのか?」

映画を見終わったヤマト乗組員たち一同は、呆然としてしまっていた。

新しい生活につづく

Related Post