BREAKING NEWS

小さなピアノ

「これ、あげる!」

まゆみは、自分のお弁当箱からポテサラを取って、ほかの皆に配っていた。

今はお昼休み。まゆみとゆみ、麻子は、音楽棟の音楽職員室に来て、音楽の馬宮先生と一緒にお弁当を食べていた。

「はい、それじゃ、先生は、おうちで焼いてきたアップルパイを皆にあげよう」

馬宮先生は、手づくりのアップルパイを配っていた。ゆみたちは、よくお昼に音楽の職員室に来ては、そこで馬宮先生と一緒にお弁当を食べていた。

「先生、あとで翼のところの音程を合わせたいです」

まゆみと麻子は、奥の机でお昼を食べている大友先生に言った。

10月は、父兄を招いての合唱祭が体育館であるのだ。そのせいもあり、ここのところよく音楽の職員室でお昼を食べることが多くなっていた。

「ああ、いいよ。お弁当を食べ終わったら、隣の音楽室で練習しよう」

大友先生は、自分の赤いお弁当箱のお弁当を食べながら答えた。

「先生のお弁当箱、かわいい!」

ゆみは、大友先生のお弁当箱を見て言った。

「あ、これね。娘の古くなった弁当箱らしいよ。奥さんが最近これで、俺のお弁当を作ってくれるんだよ」

「へえ、そうなんだ」

麻子も、大友先生のかわいいお弁当箱を見ながら答えた。

「大友先生って愛妻家ですものね」

馬宮先生が大友先生に言った。

「馬宮さんだって、まだまだ新婚だし、ご主人のお弁当も毎日作っているんでしょう」

「ええ、まあ」

馬宮先生は返事した。

その後、お弁当を食べ終わると、まゆみと麻子は、大友先生と一緒に隣の音楽室に合唱祭の練習のため行ってしまった。

合唱祭で合唱のできないゆみは、1人職員室に残っていた。

「ね、ゆみちゃん。先生と隣りにいって、ピアノ弾こうか」

「うん」

ゆみは、馬宮先生と2人、麻子たちが行った音楽室と反対側の音楽室に行って、そこに置いてある小さなピアノの方で、ピアノを弾き始めた。

「なんか上手になったよね」

馬宮先生は、ゆみの弾くピアノを見て言った。1学期のときは、指を1本ずつで音を鳴らしていたゆみだったが、今はちゃんと5本の指を両手とも使ってピアノを弾けるようになっていた。

「翼になりたいって曲は、もうけっこう完璧に弾けるんじゃない?」

「うん!」

ゆみは、馬宮先生に言われ、嬉しそうに頷いた。

「次は、何を弾こうか?」

「猫ふんじゃった・・」

「いいよ」

ゆみと馬宮先生は、ピアノの半分ずつでそれぞれ猫ふんじゃったを弾いた。

「猫ふんじゃったも完璧に弾けるね」

馬宮先生は、弾き終わった後で、ゆみに言った。

「それじゃ、今度は新しい曲を弾こうか」

そう言って、馬宮先生はベートベンの曲を弾き始めた。両手を動かし、優雅にテンポ良く弾いている。

「すごい!先生、そんなに早く弾けるなんて」

ゆみは、ずっと馬宮先生がピアノを弾く姿を見て感心していた。

「この曲なら、ゆみちゃんでも弾けると思うよ」

馬宮先生はそう言うと、自分の隣りの席に、ゆみのことを座らせて、ゆみの手をサポートしながら、ベートベンの曲を少しずつゆっくり弾かせてくれた。

ゆみは、馬宮先生の手の動きに合わせて、一生懸命弾いていた。

「へえ、そこまで弾けるようになったのか」

いつの間にか音楽室の入り口のところに立って、2人がピアノを弾く姿を見ていた大友先生がつぶやいた。

「あれ、大友先生」

「もう合唱の練習は終わったんですか?」

馬宮先生が、大友先生に聞いた。馬宮先生は、主に小等部の音楽担当なので、中等部の合唱祭にはあまり関わっていなかった。

「ああ、もう終わったよ」

大友先生は答えた。

「え、麻子たちは?」

ゆみは、麻子たちの姿が見えなかったので大友先生に聞いた。

「もう午後の授業が始まるから、教室に戻ったよ」

「ええ、あたしだけ置いてきぼり・・」

「ああ、ゆみは、あんまり真剣に馬宮先生とピアノを弾いていたので、声をかけづらかったみたいだよ」

大友先生は、ゆみに言った。

「さあ、そろそろお昼休みも終わり、午後の授業が始まるから、ゆみも教室に帰りなさい」

「はーい」

ゆみは、ピアノの椅子から立ち上がった。

「ゆみちゃん、バイバイ」

「先生もバイバイ」

ゆみは、隣の馬宮先生に手を振ると、音楽室を出て中等部の教室に戻っていった。

「どうなの?」

ゆみが出て行く後ろ姿を見ながら、大友先生が馬宮先生に聞いた。

「え、何がですか?」

「ゆみだよ。ピアノは上達しているの?」

大友先生は再度聞いた。

「ああ、すごいですよ。翼をくださいは、ゆっくりかもしれませんが、もうけっこう完璧に弾けていますよ」

「ほお、翼をくださいは弾けるのか?」

「ええ。あと、一番最初に覚えた猫ふんじゃったも」

馬宮先生は、笑顔で答えた。

「なるほど」

大友先生は、しばらく考え事をしていたが、

「今度の合唱祭では、1組は翼をくださいを合唱するんだけど、例えばゆみ君にピアノを弾かせて、それに合わせて、皆が合唱するとかできそうかな」

「そうですね」

馬宮先生は、大友先生に言われて少し考えていたが、

「ゆみちゃん。あんまり早くピアノを弾くスピードを上げると、また心臓とかに負担かかってしまうといけないじゃないですか。だから、メトロノームもかなりゆっくり目で、普通より遅いスピードで弾いているんです」

「そうか。それだと、クラスの子たちが合唱しづらいかな」

大友先生は、合唱できないゆみに代わりにピアノを弾かせようと思っていたのだが、それは諦めるしかないかなと思い直していた。

中間試験につづく

Related Post