BREAKING NEWS

お母さん見学

「お母さん、お姉ちゃんってすごいんだよ!優勝したんだよ!」

ゆみは、マラソン大会から家に帰ると、すぐにお母さんに報告していた。

「だから、ゆみ。なんで、あんたが走ったわけでも無いのに、そんなお母さんに自慢しているのよ」

祥恵は、ゆみに言った。

「別に良いじゃないね。ゆみちゃんは、お姉ちゃんのことが大好きなんだものね」

「うん」

ゆみは、お母さんに頷いた。

「で、祥恵は優勝だったの」

「え、まあね」

祥恵は、お母さんに素っ気なく答えた。

「なんだか優勝した祥恵よりも、ゆみの方が嬉しそうに報告してくれるんだけど」

お母さんは、素っ気ない態度の祥恵に言った。

「だって、そんな中学生にもなったら、いちいち学校で会ったことなんて、お母さんに報告したりしないよ」

「そうかしら。ゆみなんて、いつもお母さんに報告してくれるけど」

お母さんは、大人びた祥恵の態度にちょっと寂しそうだった。

「はい」

祥恵は、マラソン大会の会場で表彰されたときにもらった表彰状を、お母さんに渡した。

「うわ、すごい!本当に1位って書いてあるじゃない!名前にもちゃんと今井祥恵って書いてあるし」

お母さんは、わざと大げさに喜んでみせてくれた。

「額に飾らなきゃね」

「本当ね」

ゆみが、表彰状を覗きこんで言うと、お母さんも賛成した。

「額なんていいよ。ただの学校のマラソン大会だし」

祥恵は、自分の部屋に上がっていってしまった。

「で、なに?ゆみは今度、合唱祭でピアノを弾くんだって?」

3人の会話を横で聞いていたお父さんが、ゆみに聞いた。

「うん。4組のピアノの担当なの」

「お母さんは、その合唱祭っていうのに見に行くのか?」

「ええ、もちろん」

お母さんは答えた。

「平日か?」

「平日です。木曜日」

お母さんは、お父さんに答えた。

「俺も行こうかな」

お父さんが、ポツリと答えたので、ゆみもお母さんも驚いて、お父さんの顔を見た。

「お父さんも来るの?」

「うん。行ったらだめか?」

「ううん。いいよ!来て!来て!」

ゆみは、お父さんに返事した。

「でも、お父さんはお仕事は大丈夫なの?病院は?」

「そうなんだよな。病院、お休みにしちゃおうか?」

お父さんは、ゆみに言った。

「うーん、どうするかな?明日でも、陽子ちゃんとか衛生士の皆とも相談してみるか」

お父さんは、ゆみから受け取った合唱祭の案内を見ながら悩んでいた。

「本当に、あなたも行きたいんですか?」

お母さんが、お父さんに聞いた。

「え」

お父さんは、お母さんのことを見た。

「ああ、行きたいよ。お母さんなんて、いつもゆみの何かがあるっていうと病院をお休みしているだろう。ゆみは、お父さんにとっても大事な娘なんだけどな。たまには、お父さんも、ゆみの学校に見に行きたいよ」

お父さんはつぶやいた。

「それでしたら、私と半分ずつにしましょう」

お母さんは、お父さんに提案した。

「例えば、私が午前中、病院をお休みして、ゆみの合唱祭を見に行ってお昼までに帰ってきますから、午後は交代で、あなたが病院を休んで、ゆみの合唱祭を見に行ってあげてくださいよ」

「そうか。そういう手もあるか」

お母さんの提案に納得しかかっているお父さんだった。

「ええ、ちょっと待ってよ。お父さんも合唱祭に見に来るの?」

冷蔵庫のお茶を飲みに降りてきた祥恵が、2人の話を聞いて質問した。

「ああ、せっかくゆみがピアノを弾くと言うし、久しぶりに学校見学も良いかなって」

「マジで、お父さんも来るの?」

祥恵は、ちょっと嫌そうだった。

「何を言っているの。お母さんも、お父さんも別に祥恵の学校を見に行くわけじゃないのよ。ゆみの学校を見に行くだけなんですけど」

お母さんは、祥恵に言った。

「でも、ゆみの学校ってことは同じ学年の私の学校でもあるわけじゃない」

「別に、あなたのことは見ませんよ」

親にあまり学校に来てもらいたくない祥恵に考慮して、お母さんは言った。

「いや、俺はどうせゆみの学校に行くのなら、祥恵の合唱祭も見たいけどな」

お父さんは、祥恵に言った。

「ええ、で、何。ゆり子のうちは、お母さんが合唱祭に見に来るんだ」

「そう、そうなのよ」

ゆり子と美和は、学校の昼休みにおしゃべりしていた。

「ゆり子、お母さんが見に来るぐらいなら、まだ良いじゃん」

祥恵は、ゆり子に言った。

「え、なんで?」

「うちなんて、お母さんだけじゃないよ。お父さんも来るんだって」

「マジで?」

「マジ!」

祥恵は、2人に答えた。ゆみが4組で合唱祭のピアノを弾くからと、2人とも合唱祭に来ることを張り切ってしまっていてと説明した。

「そうか」

「それじゃ、ゆみちゃんはお母さんも、お父さんも見に来るって大喜びだね」

「まあね。おかげで、こっちは大迷惑」

祥恵は、首を横に振ってみせた。

9年生の進路につづく

Related Post