BREAKING NEWS

小倉夕子

「夕子ってさ、本当に男っぽいよね。スカートとか履いたことないでしょう?」

祥恵は、休み時間に同じクラスの小倉夕子に話しかけていた。

「うん、ここのところは、しばらくスカートは履いたことないかな。ほら、この体格だから、あんまりスカートとか女っぽい服は似合わないのよ」

小倉夕子は、祥恵に答えていた。

小倉夕子は、がっちりした体格で肩幅のある背の高い女子だった。髪もベリーショートだった。1組のクラスでは佐藤がけっこうスラリとして背の高い男子だが、その佐藤と殆ど同じぐらいの背丈があった。

小倉夕子という名前だけど、あのゆうこりん星からやって来た華奢な体つきのタレントの小倉優子とは違う。漢字だってタレントの小倉優子とは違っている。明星学園中等部の7年1組の小倉夕子は、男っぽい体格のがっちりした性格も男勝りな女子だった。彼女は、父親の仕事の関係でずっと小学校時代をニューヨークで暮らしていた。中学になって日本に戻ってきて、ここ明星学園中等部に入学したのだった。

「でも、スカートは一応自分の分は持っているんだよ」

小倉夕子は、祥恵に答えた。

「え、夕子ってスカート持っているんだ。見てみたいな、夕子のスカート着ているところ」

デニムのジャンパースカートを履いているゆり子が、夕子に言った。

「そうね。そのうち一度ぐらいは学校に履いてくるよ」

「楽しみ(^o^)」

皆は、夕子のスカート姿を想像しながら楽しみにしていた。

「ニューヨークに暮らしていたから、スカート履かないの?」

「そうだね。向こうじゃ、女子もほとんどスカートなんて履いている人いないもの」

夕子は、美和に答えた。

「ニューヨークって夕子とお父さんで行っていたの?」

「ううん。お母さんも、あと弟が一人いるんだけど弟も一緒に行ってたよ」

「へえ。家族皆でニューヨークに引っ越していたんだ。すごいな」

「別にすごくはないよ。たまたま、うちのお父さんが会社でニューヨークに転勤しろって言われて、それで家族も一緒に転勤していただけだもの」

「でもすごいよ。そもそも、うちのお父さんじゃ、仕事でニューヨークに転勤してこいなんてことすら無いからね」

「それは、祥恵のお父さんは歯医者さんだもの。転勤はないでしょう」

ゆり子が言って、皆は笑っていた。

「ニューヨークの話とか聞きたいな」

「いいよ。学校は向こうの学校だから英語でアメリカ人が多いんだけど、私みたいに日本から転勤で来ている日本人もけっこう多くて、私の通っていた学校のクラスは、半分ぐらいが日本人だったよ」

夕子は、祥恵に話した。

「そうなんだ」

「ニューヨークじゃ男女ともTシャツにジーンズで過ごす子が多くて、私も弟も殆どジーンズで過ごしていた。だからかな、スカート履く習慣がなくて」

夕子がそう話していたときに、音楽室に行っていたゆみと麻子が教室に戻ってきた。

「あ、ここにも、ほらスカートを履かない子が帰ってきた」

祥恵は、ゆみのことを指さして言った。

「え、なんのこと?」

ゆみは、祥恵に聞いた。

「そういえばさ、ニューヨークにも、ゆみちゃんって女の子がいたんだよね。私はクラスも違ったし、あんまり話したこと無いんだけど」

「ゆみって名前の日本人多いものね」

「そのニューヨークにいたゆみちゃんっていうのは、ニューヨークで隆さんって18年上のお兄さんと二人暮らしだったのよ」

「え、お兄さんと二人暮らし?お父さんとかお母さんっていないの?」

「いないの。なんかニューヨークに転勤で来ているときに交通事故で両親とも亡くしてしまって、そのとき高校を卒業したばかりだった隆さんが、生まれたばかりの妹のゆみちゃんを育てて、以来ずっとニューヨークで二人暮らしなんだって」

「うわ、すごいね!両親が亡くなった時点で日本に戻ってくれば親戚とかいただろうに。ずっとニューヨークで妹を育てているなんて」

「なんか、いろいろあってそういうことになったみたいよ」

夕子は告げた。ニューヨークの隆とゆみの話は、「ニューヨーク恋物語」の中でもお話しています。

「きっと、そのゆみちゃんもお兄ちゃんのことが大好きだったんだよ」

ゆみは、祥恵の腕の中にまとわりつきながら言った。

「そういうよりも、隆さんっていうのは普段の日は日本企業のニューヨーク支店に勤めているから、平日はゆみちゃんが学校から戻ると掃除とか洗濯、隆さんのごはんとか家事を皆担当してやっていたみたいよ」

夕子は、日本のゆみに言った。

「あ、すごい!じゃ、日本のゆみと違ってぜんぜん甘えん坊じゃなくて、いろいろ大人でしっかりしていたんじゃないの」

「うん、そうだった」

夕子は祥恵に答えた。

「だってよ。日本のゆみも、もう少し甘えん坊を卒業しなくちゃ」

祥恵は、自分の腕に甘えていたゆみに向かって言った。

「っていうか、そのゆみちゃんだけでなく全体的にどの子も、日本の子に比べてけっこう大人びた子が多いよ」

「そうなんだ」

「よくいえばクールって感じかな」

「それで、夕子もスカート履いていないだけじゃなくて大人びて見えるのかもね」

ゆり子が言った。

清里の話につづく

Related Post