今井ゆみ X IMAIYUMI

多摩美術大学 絵画科日本画専攻 卒業。美大卒業後、広告イベント会社、看板、印刷会社などで勤務しながらMacによるデザイン技術を習得。現在、日本画出身の異色デザイナーとして、日本画家、グラフィック&WEBデザイナーなど多方面でアーティスト活動中。

11 車椅子の女の子

「ねえ、お母さん。学校の教室の前の方に車椅子の女の子がいたよね」

ゆみは、キッチンでお母さんの夕食作りのお手伝いをしながら、言った。

「ああ、そうね。あの子は、元々はちゃんと歩けていたのよ。でも、車椅子になってしまったの。ほら、あなたのクラスの担任の佐伯先生っているでしょう。あの先生は、本来は小等部の先生なんだけど、彼女のために、そのまま中等部の担任をやることになったのよ」

お母さんは、中等部の学校説明会の時に聞いたことを、ゆみに話した。

「え、どういうこと?」

ゆみは、お母さんに聞き返した。

「あの車椅子の子は、かおりちゃんって言うんだけど、小等部からずっとお姉ちゃんと同じクラスの同級生だったのよ。何年生だったかな?お母さんも、ちょっと忘れちゃったけど、4年生か5年生か、それとも3年生だったかな?お姉ちゃんに聞いたら、いつだったかはっきり覚えているわ。その時に、身体の病気になってしまってね、足が動かなくなって、目も見えなくなってしまったのよ」

お母さんは、ゆみに説明している。

「でね、本当だったら、目が見えなくて、足も歩けないから車椅子でしょう」

お母さんの話は続く。

「そういう子は、障害者学校に行かなければならないの。でも、かおりちゃんは、ずっと明星学園で通ってきたから、お友だちと別れるのも嫌だって言ったのよ。そしたらね、佐伯先生が、かおりちゃんの気持ちを察して、お姉ちゃんたちのクラスの皆を集めて、かおりちゃんのことを説明したの。これからは目も見えないし、移動も車椅子だって説明したの。でも、1年からずっと同じクラスのお友だちじゃないか。だから、先生も何かあったときは必ず手助けするから、皆も手助けしてやってくれないかってお願いしたの。それで、クラスの生徒たちも、かおりちゃんは、お友だちだし、クラスメートなんだから、もちろんこれからも手助けするよって話しになったのよ」

「お姉ちゃんも手助けするって言ったの?」

「そうよ」

「お姉ちゃん、偉い!」

ゆみが言うと、

「うん、お姉ちゃんも偉いわね」

お母さんは、ゆみの頭を撫でながら言った。

「まあ、お姉ちゃんが教室で発言したかどうかは、お母さんも知らないんだけど、佐伯先生は、かおりちゃんのことを可能な限り、自分も見るようにするから、クラスの生徒たちも協力してくれるって言うから、って職員会議の時に他の先生たちにも掛け合って、かおりちゃんが明星学園に残れるようにしてくれたのよ」

お母さんは言った。

「それでね、かおりちゃんが今回、中等部に進学する時、本当だったら佐伯先生は小等部のクラス担当なんだけど、そのまま中等部も引き続き、お姉ちゃんたちのクラスを担任することになったのよ」

「へえ、そうなんだ」

ゆみは、お母さんから話を聞いて納得した。

「それじゃ、佐伯先生って、小等部の時から、ずっとお姉ちゃんのクラスの先生なの?」

「そうよ」

「それじゃ、お姉ちゃんって1年生の時からずっと佐伯先生のクラスなんだ」

ゆみが気づいた。

「そうね、佐伯先生って自分でも、自分の頭のこと指差して、ラーメン先生とか言ってたけど、本当は優しくてすごく良い先生なんでしょうね」

「うん!」

お母さんに聞かれて、ゆみは頷いた。

「ただいま!」

ちょうど夕食の準備が出来上がった頃に、お姉ちゃんが学校から帰ってきた。

「あ、お姉ちゃん」

ゆみは、帰ってきたお姉ちゃんに飛びついた。

「ただいま。今日は学校から一緒に帰ってあげられなくてごめんね」

お姉ちゃんは、ゆみの頭を撫でてくれた。

「大丈夫よ。お母さんと一緒に車で帰ってきたから」

ゆみは、お姉ちゃんに答えた。

「で、祥恵は、クラブ活動は良いところ見つかったの?」

「うん、まあね」

お姉ちゃんは、お母さんに聞かれて答えた。

次ページにつづく

次へ 投稿

前へ 投稿

Copyright © 2014-2022 今井ゆみ X IMAIYUMI All Rights Reserved.

Designed by Yumi. プライバシーポリシー