今井ゆみ X IMAIYUMI

多摩美術大学 絵画科日本画専攻 卒業。美大卒業後、広告イベント会社、看板、印刷会社などで勤務しながらMacによるデザイン技術を習得。現在、日本画出身の異色デザイナーとして、日本画家、グラフィック&WEBデザイナーなど多方面でアーティスト活動中。

2 今井デンタルクリニック

私の家は、東京の井の頭線沿線、東松原駅前の商店街を通り抜けた先にある父の「今井デンタルクリニック」の病院と同じ敷地内、同じ戸建て内の奥側が自宅だった。父の父親、私の祖父が開いた今井歯科医院の在った場所とは別の場所だ。父が今井歯科医院を引き継いだ後、この東松原の地に移転してきたのだった。

移転を機に歯科医院の名称も、今井歯科医院から「今井デンタルクリニック」に変更したのだった。

祖父は、大学から大学院に進学し、大学の附属病院にてずっと勤務してから、今井歯科医院を開院した。それに対して、父は大学を卒業するとすぐに今井歯科医院(現・今井デンタルクリニック)で勤務するようになった。

父も、本当は大学を卒業したあと、そのまま大学の附属病院に残り、そこでインターンかなにかで勤務しながら、もう少し医師としての仕事、経験を積んでから、引き継ぎたいと考えていた。しかし、父が大学を卒業する年に、祖父は病気で亡くなっている。祖父が亡くなったあと、今井歯科医院には歯科衛生士の祖母しかいなくなり、医師が不在となってしまったのだった。

まだ大学を卒業したばかりで、医師免状も取得したばかりの父だったが、父が今井歯科医院を引き継いでいくしかなくなってしまったのだった。大学を卒業したばかりで、まだ医師としての経験が乏しい父だったが、同じ大学の同級生だった母が卒業後に大学の附属病院に就職したことで、母を通して、附属病院での経験を積めたことが医師としての父には大きかったようだ。

その経験の中で、これからの病院経営は個人病院でももっと利便性の良い、人通りの多いところで開業した方がメリットがあると考えた父は、世田谷の不便な場所に開業していた祖父の今井歯科医院を、もっと利便性の良い東松原駅、井の頭線沿線に「今井デンタルクリニック」として移転したのだった。

もともと商業高校出身の父は、祖父よりも経営手腕に長けていて、東松原に移転した今井デンタルクリニックは、次々と患者の数を増やしていき、病院として大きくなっていった。どちらかというと、病院経営よりも患者さんを診ることに集中していた祖父の時代よりも、はるかに裕福な病院に変貌していった。

大学の附属病院で勤務しながら、父の今井デンタルクリニックも手伝っていた母も、やがて附属病院を退職し、今井デンタルクリニックにて働くようになっていった。そして、父と母は結婚した。

2人が結婚して、しばらくすると母はお腹に子供を授かった。2人の初めての子供で、私の姉だった。姉をお腹に授かった頃には、今井デンタルクリニックの病院経営は好調で、何人もの歯科衛生士を雇用するまでになり、母校のインターン生ではあるが父以外にも若い医師を雇うまでになっていた。

その頃から母は、お腹に子供がいるということも理由の一つにして、病院、今井デンタルクリニックの仕事からは少し距離を置くようになっていき、専業主婦になっていった。

次ページにつづく

次へ 投稿

前へ 投稿

Copyright © 2014-2022 今井ゆみ X IMAIYUMI All Rights Reserved.

Designed by Yumi. プライバシーポリシー