BREAKING NEWS

病室のお姉ちゃん

「ここ、どこだろう?」

祥恵は、ベッドの中で目を覚まして、周りを見渡した。

白い壁の白い部屋で、自分が寝ているベッド以外に、医療機器が置かれている部屋だった。

「病院?」

祥恵は、医療機器が置かれているのを確認して、ふと思った。

「うちの近所の、東松原の病院かな?それとも学校の近くの、吉祥寺の病院かな?」

祥恵は、悩んでいた。

「いや、違う!私、宇宙人から逃げていたんだった。そして車を押して、その後に穴に落ちて・・」

祥恵の頭の中に、穴に落ちたときの記憶が戻ってきた。穴に落ちて、救急車で運ばれて、運ばれた先の病院で手当てをされて寝ていたのかな?祥恵は、想像していた。

「うん、ここに寝ていても状況はわからない。調べてみよう」

祥恵はベッドから立ち上がると、床に足をついた。

「痛っ」

祥恵は、思わず自分の膝を押さえた。自分が着ていたネグリジェの裾をめくって、膝を見てみると、包帯が巻かれていた。

「穴から落ちたときに怪我でもして、手当てをされたのかな」

祥恵は、自分の膝に巻かれた包帯をみて思った。

今度は、怪我をした膝を傷めないように、そっと床に足をついて歩き出した。病室の扉を開けると、廊下に出てみる。

「どこの病院だろう?」

祥恵の知っている東松原でも、吉祥寺の病院でもない。初めて来た病院だった。

祥恵が、その病院の廊下をゆっくりと歩いていると、後ろから看護師さんに声をかけられた。

「気がついたの?目が覚めたの?」

「あ、はい」

祥恵は、声をかけられた看護師さんに答えた。

「私、看護師をしている森雪といいます」

看護師は、祥恵に自分のことを自己紹介した。

「あ、私は祥恵といいます。ここは、どこの病院ですか?」

祥恵は、自分のことも自己紹介した後に、看護師さんに聞いた。

「ここは、東京の地下シェルターの中よ。地下シェルターの中にある病院」

「地下シェルター?」

「ええ、地上は宇宙人たちに攻められて、放射能だらけになってしまっているでしょう。そのために人間は地下に避難しているのよ」

看護師の森雪は、祥恵に説明した。

「ああ、新宿の」

「そうそう、新宿の地下から入って来ることのできる地下シェルターよ、ここは」

森雪は、答えた。

「私たち、私の家族は、その新宿の地下シェルターに避難しているところだったんだけど」

「そうなの?それじゃ、ちょうど地下シェルターに避難してこれたのね」

森雪は、祥恵から聞いて答えた。

「私、家族と車で宇宙船から逃げている途中に、襲われて、車が地面の穴にはまって、そこから車を押し出して、その後に私だけ穴の中に落ちてしまったはずなんだけど」

「そうなんだ。それで、穴から地下シェルターの中に落ちて来たのね」

森雪に言われた。

「あなた、すごかったのよ。石の欠片の上に乗って、空から降りて来て、病院の屋根を突き破って、落ちて来たんだから」

祥恵は、森雪から自分が病院に落ちて来たときのことを聞いて、我ながら驚いていた。

「あのう、私の家族は?」

祥恵は、森雪に聞いた。

「うちの家族も、車で地下シェルターに降りて来ているかと思うのですが・・」

「それは、多分、ここのシェルターにも役場があるので、そこに行けば、すぐわかるはずよ」

祥恵は、森雪に言われて、急いで役場に向かおうとして、歩くときに怪我をした膝に力が入って、思わずバランスを失って倒れそうになった。

「役場は、いつでも行けるから」

森雪は、倒れそうになった祥恵のことを支えながら、言った。

「とりあえずは、まずその怪我を治してからにしましょう」

そう言うと、祥恵は森雪に病室に連れ戻されて、ベッドにまた寝かされてしまった。

バスケ部のお姉ちゃんにつづく

Related Post