BREAKING NEWS

丘の上の宴会

「ねえ、あたしのお姉ちゃんって、まだ冥王星にいるのかな?」

ゆみは、太助に聞いた。

「お姉ちゃん?お姉ちゃんって誰ですか?」

太助は、逆にゆみに聞き返した。

「え、ううん。別になんでもない」

ゆみは、太助に聞き返されて、慌ててなんでもないと否定していた。

「ねえ、それより誰か来るって?」

「そうなんですよ。ヤマトの制服を着た人たちが、こっちに、沖田艦長の像がある丘の上に上がってきます」

太助は、ゆみに答えた。

「あれって、あの下矢印みたいな服って、宇宙戦艦ヤマトの制服なのか。あたし、どこか省庁のエリートの制服かと思っていた」

「まあ、ヤマトの乗組員だって、めちゃエリートって言えば、エリートですけどね」

太助は、ゆみに言った。

「って、こんなことしている場合じゃないよね。早く隠れないと、こっちに来ちゃうよ」

ゆみは、慌てて、どこか隠れるところがないか周りを探していた。

「どうして、隠れる必要があるんですか?僕らだって、宇宙戦士訓練学校の生徒なのですから、ヤマトの乗組員がこっちに来たらよろしくお願いしますって挨拶すれば良いだけじゃないですか」

太助は、隠れ場所を探しているゆみに言った。

「え、それは、まあ、あんたは特に隠れる必要ないのかもしれないけど」

ゆみは、自分は隠れておいたほうが良いだろうと思っていた。なにせ、あたしは貧民街に住む貧民なのだ。何かのはずみで、そのことがバレてしまわないとも限らない。

「ゆみちゃん、ヤマトの皆さん、もうじき、ここに到着しますね。そうしたら、僕がゆみちゃんのこともヤマトの皆さんに紹介しますね」

太助は、ゆみのいた方向に振り向いた。そして、ゆみのことを探した。が、ゆみは、ヤマトの乗組員から、まるで逃げるかのように、沖田艦長の銅像が建っている台座の上によじ登ると、そのまま沖田艦長の身体の上によじ登って、胸の前に差し出している手のひらの上まで登っていってしまっていた。

「ゆみさん、そんなによじ登らなくたって良いのに」

太助は、沖田艦長の銅像の手の平の上までよじ登っていってしまったゆみの姿をポカンと見上げていた。

「おや、君は?」

丘の上まで上がって来たヤマトの乗組員の1人が、太助の姿に気づいて声をかけた。

「あ、私は徳川太助と申します!宇宙戦士訓練学校の卒業生で、この度、宇宙戦艦ヤマトに配属になります」

太助は、声をかけられた男性に向かって、敬礼をすると自己紹介をした。

「ああ、君は訓練学校の生徒さんか」

「はい。祖父はヤマトの機関長でした」

「ああ、それでは、君は、あの徳川彦左衛門さんのお孫さんか」

「はい」

太助は、大勢のヤマト乗組員の先輩たちを前にして緊張していた。

「良かったら、これから君も一緒に黙祷しないか?」

ヤマト乗組員たちの中に佐渡酒造先生の姿もあった。彼が太助のことを誘った。

「僕らも、今日は沖田艦長の命日なので、ここにお参りに来たんですよ」

相原が、太助に言った。

それから皆は、沖田艦長の銅像の前に整列すると、佐渡酒造の合図で、

「黙とう!」

額に手をやって、黙とうした。

黙とうが終わると、皆は持ってきたビニールシートを地面に敷いて、お弁当や飲み物を広げて、銅像の前で宴会となった。

「沖田艦長も、お酒の好きな人だったからな。皆が、こうしてここに集まって、一緒にお酒を飲んであげることで沖田艦長も喜んでおると思うよ」

島大介が太助に言った。

「君もお酒は飲めるのじゃろ?まあ、酒はたくさんあるから飲んでいきなさい」

佐渡酒造は、太助に言うと、

「アナライザー、お酒を持ってきなさい!」

赤い丸型の、ネコ型ロボットに命令すると、アナライザーはお酒の乗った台車を押してやってきた。そして、太助のコップにも、お酒を注いでやった。

「あ、あの・・。そういえば、僕は今日ここにバイクで乗ってきたんです」

太助は、慌てたように、酒を注がれたコップを返した。

「そうか。それは残念じゃな。それでは酒がもったいないから、わしが飲んでやろう」

佐渡酒造は、太助が返却したお酒のコップを受け取ると、自分で飲み干した。

「なんか、宴会が始まっちゃって時間がかかりそうね」

銅像の手の平の上から下の様子を見ていたゆみは、伸びをしながらつぶやいた。さて、どうやって、この場から離れようかなと、ゆみは考えていた。と、そのとき、

「誰かいる!」

相原が、沖田艦長の銅像の上、ゆみのいる手の平を指差しながら、叫んだ。

逃亡につづく

Related Post