BREAKING NEWS

空から降ってきた少女

「ああ~、疲れた」

看護師の森雪は、病院での勤務を終えて、自分の肩を叩きながら、伸びをしていた。

「お疲れ。手術はどうだった?」

「ああ、佐渡先生は名医ですもの。しっかり成功してましたよ」

雪は、先輩の看護師に声をかけられて答えた。

「そうなの?でも、この間、ブタさんの手術のときに手が滑ったとか言ってたよ」

「そうなのよ。あの先生、動物の手術の場合は、食事どきが近づくとなんか手が滑って、もう患者が食料にしかならなくなるんですって」

雪は答え、2人の看護師は笑いあっていた。

ドギャーシャン!

2人がおしゃべりをしていると、上の階からものすごい音がした。

「なに?」

2人は、音に反応して、お互いに見つめあってしまった。見つめあった後で、2人は大急ぎで、音のした方向へ走り出した。

上階に行くと、そのフロアの天井が壊れ、そこにぽっかりと穴が開いていた。穴の開いている天井の真下の床には、壊れた天井の欠片があっちこっちに散らかっていた。その散らかった欠片の中央付近に、1人の少女が倒れていた。

「どうしたの?」

雪たち2人が、先に来ていた医師に訪ねると、

「女の子が天井から落ちてきたんだ!」

医師は、倒れている女の子の脈を測りながら、答えた。

「この女の子って、うちの病院の患者さんじゃないよね。どこから来たんだろう?」

雪は、女の子の手当てを手伝いながら、一人言をつぶやいた。

「なんか屋根の上のほうから落ちてきたみたいだな」

医師は、雪の一人言に答えた。

「え、屋根の上?」

雪は、思わず手当てをしている医師に聞き返してしまった。

「屋根の上って、ここは東京地区の、地下シェルターの中だから、地上から落ちてきたってことなのかな?」

「そうなんだろうな」

医師も、雪と同じようなことを推測していた。

「その子、本当に空から降ってきたんですよ」

大きな音に集まってきていた野次馬の中にいる患者が、医師たちに話した。

「私、見たんです。その女の子が石の欠片の上に上手に乗って、欠片を操りながら、空から降りてくるところを」

その患者は、病院の屋上にいたらしく、屋上で空から降りてくる少女の姿を見かけたらしかった。その患者の話によると、最後の天井にぶつかる寸前までは、少女は上手に欠片をコントロールしていたらしいが、天井とぶつかる寸前でバランスを崩して、天井にぶつかり、そのまま天井からこのフロアに落下してきたらしかった。

「なんて、タフな子・・」

雪は、倒れている少女の顔を覗きこみながら、つぶやいた。

「ストレッチャーに乗せて、すぐにレントゲン室へ」

医師が、看護師たちに指示を出していた。

「レントゲンを撮ったら、それを確認し、そのまま手術室へ。緊急で外科的手術を行う」

倒れていた女の子は、ストレッチャーに乗せられて、レントゲン室へと運ばれていった。病院の職員たちは、慣れたもので、女の子はすぐに適切な処置を施されていた。女の子的には、落ちたところが病院だったのはラッキーだったのかもしれない。

病室のお姉ちゃんにつづく

Related Post