BREAKING NEWS

晩餐会

「さて、進。200年後の地球の晩餐会に出席するメンバーを決めてくれるか」

艦長である古代守は、弟の古代進に言った。

「わかりました、兄さん。晩餐会に参加するメンバーを、こちらで招集します」

古代進は、兄であり艦長の古代守に返事した。

「とりあえず兄さんは出席しますよね?」

古代進は、艦長の古代守に訪ねた。

「いや、私は艦長だし、こちらで何かあるといけないから、ヤマトに残っていようと思う。あと航海長の島くん、君もヤマトの操船があるから残ってくれるか」

「了解しました」

島大介は、艦長に答えた。

「それでは、私と、あと祥恵くんも一緒に行こうか」

「はい」

祥恵は、古代進に返事した。

「お姉ちゃん、行かないで」

それを聞いて、ゆみは、祥恵に言った。

「どうしてよ?お仕事だもの」

「どうしても行ったらだめ!だって、これは敵の罠だもの」

ゆみは、祥恵にお願いした。

「罠?なによ、罠って」

祥恵は、不思議そうに、ゆみに質問した。

「だって、あいつの言っていることって全部うそじゃん。あいつ、地球の総司令官とか言っているけど、地球人じゃないし。200年後の地球とかって大嘘じゃない。地球って星が、あんなに骸骨みたいに骨、骨しているわけないでしょう」

ゆみは、祥恵に言った。

骨、骨?祥恵は、目の前に見えている200年後の地球を見直したが、その星は、どう見ても青々と緑が茂っていて、青い海も流れているいわゆる普通の地球の姿だった。

「骨、骨って何を言っているのよ?」

「お姉ちゃん、わからないの?あの地球って、人工的な鉄の骨組みだけで出来ている骨、骨している星にしか見えないでしょう?」

ゆみは、目の前の地球を見ながら、祥恵に説明した。が、祥恵には、目の前の地球の姿は、普通の青い地球にしか見えていないらしくて、ぜんぜん理解してもらえなかった。

「あんたが何の話をしているのか、さっぱりわからないけど。ここは私たち大人で考えているんだから、子どもは子どもらしく下のフロアに行って、竜くんやあゆみちゃんたちと遊んでいらしゃい!」

祥恵は、ゆみのことを怒鳴った。

「だって、お姉ちゃんがあの星に行くとか言うから。お姉ちゃんは、ぜったいにあの星に行ったらダメだからね」

ゆみは、再度祥恵に目の前の星に行かないでくれとお願いした。が、祥恵は、文句を言っているゆみのことを恐い顔して睨んでいた。

「ゆみちゃん、ゆみちゃんは私と下のフロアに行っていようか」

このままでは兄弟喧嘩しかねない状況に、森雪が助け船を出してくれた。

「ほら、下の階に行こうね」

森雪は、ゆみの手を引っ張って、第二艦橋から出て行こうとしていた。

「いやだ!お姉ちゃんも一緒に行く!」

ゆみは、森雪に手を引かれながらも、祥恵の側に居残ろうと必死に踏ん張っていた。しかし、森雪に抱き上げられると、そのまま第二艦橋から追い出されてしまった。

「いやだ!お姉ちゃんともう別れ別れになんかなりたくないから!」

ゆみは、森雪に抱き上げられながらも大声で文句を叫んでいた。森雪に抱かれて、連れて行かれながら、レーダー席のサーシャの脇を通りすぎた。

「ゆみちゃん、大丈夫よ。あんたのお姉ちゃんは、私が必ず無事にヤマトに戻すから」

サーシャは、口にこそ出していないが、自分の目で、視線だけで、ゆみに向かってそう訴えていた。ゆみも、サーシャの方にチラッと視線を落とすと、目で姉のことをお願いしますと訴えていた。

「あと、真田さん。200年後の地球の様子を科学者の目で視察してもらいたいので、一緒に晩餐会に出席してもらえますか?」

ゆみが森雪に連れられて第二艦橋を出て行った後で、古代進は真田に聞いた。

「わかった。同行しよう。後、分析とかするのにアナライザーも同行させよう」

「了解です」

古代進は、真田に答えた。

「あと機関長はヤマトに残っていなければならないから、代わりに太助を連れて行こう。あとは・・」

古代進は、晩餐会に出席するメンバーを決めていた。

「あの、私も連れて行ってください」

サーシャが、古代進に頼んだ。

「君もか?君は、ヤマトで待機してくれていた方が・・」

古代進がサーシャに答えたが、サーシャは行きたがっていた。

「わしの助手として連れていっても良いかな」

真田が、古代進に姪の澪のことを連れていきたいと申し出たので、サーシャは晩餐会に出席できることとなった。

ほかにも何名かのヤマト乗組員が晩餐会の出席メンバーとして招集され、彼らは格納庫に停められている大統領専用機に乗って、目の前の200年後の地球に向かってヤマトを出た。

地球にようこそにつづく

Related Post