BREAKING NEWS

緊急避難活動

先生が職員室から戻って来た。

「ええ、皆、一回席に着いてくれるか」

先生は、窓際から外を眺めている生徒たちに言った。

生徒たちは皆、ぞろぞろと自分の席に着く。

「ええーと、職員室に行って、状況を聞いてきた」

先生が話を始めた時に、学校の校内放送が大きな声で流れた。

「生徒の皆さん、武蔵野の奥に巨大な隕石が大量に降っています」

校内放送は、伝えていた。

「隕石は、立川、国立の町に多く飛来しているようです。緊急事態です!学校は休校になります。立川、国立方面に住んでいる生徒の皆さん以外は、直ちに自宅へ帰宅してください。繰り返します!学校は休校になります、生徒の皆さんは全員速やかに帰宅ください」

そう校内放送は伝えていた。

「尚、立川、国立方面にお住いの生徒の皆さんは、担任の先生とともに教室に待機してください」

校内放送が終わった。

「今の聞いたか?そういうことだ。学校は休校になるので、全員速やかに帰宅するように!」

先生は、クラスの生徒全員に告げた。

「このクラスでも、確か立川、国立方面に住んでいる生徒が何人かいたよな。住んでいる人は手を上げて」

先生に言われて、3人ほどの生徒が手を上げた。

「君たち、先生と一緒にこのまま教室に待機。国立、立川方面にはいくつも隕石が既に地上に落ちているらしいから、ご自宅の安否確認を取ってからどうするか状況を見極めよう」

先生は、3人に提案した。

「他の皆は、今すぐに帰宅しなさい」

先生は、言った。

「帰宅する人たちも、ぜったいに寄り道とかするんじゃないぞ!真っ直ぐに家に帰るんだぞ!今は、武蔵野にだけ隕石は降っているようだが、いつ他の地域にも降ってくるかわからないんだからな。早く家族の元に帰って、家族で相談し、避難活動なりするように」

先生の話が終わると、国立、立川の3人を除いて、他の生徒たちは急いで帰宅し始めた。

「ゆみ、帰るよ!」

ゆみも、お姉ちゃんに言われて、一緒に教室を出て帰宅する。

「吉祥寺駅から帰ろうか」

お姉ちゃんは、学校を出て歩きながら、ゆみに言った。

学校から一番近い最寄駅は、京王井の頭線の井の頭公園駅だった。

「一番早くお家に帰れる方がいいんじゃないの?」

ゆみが、お姉ちゃんに言った。

「うん。だから吉祥寺駅の方が急行が停まるでしょう。その方が早いと思うよ」

お姉ちゃんに言われて、ゆみはお姉ちゃんと吉祥寺駅を目指して歩き出した。学校から吉祥寺駅へは、井の頭公園の中を突っ切っていく。出来るだけ早く家に帰ろうとしているからだろうが、いつもよりも、お姉ちゃんの歩く速度が早い。ゆみは、必死でお姉ちゃんについていこうとしていた。

「ほら、ゆみ。乗りなよ」

お姉ちゃんが、突然歩くのをやめると、ゆみの前にしゃがんで背中を向けた。

「え、なに?ゆみ、ちゃんと自分で歩けるよ」

「歩けるのわかっているよ。でも、私がおんぶして歩いた方が早いから」

お姉ちゃんに言われて、ゆみは、お姉ちゃんの背中の上に乗った。ゆみが上に乗ると、お姉ちゃんは立ち上がって歩き出した。

「お姉ちゃんの背中、あったかい」

「良かったね、寝ててもいいよ」

ゆみが言うと、お姉ちゃんが言ってくれた。ゆみがお姉ちゃんの背中の上で、本当に寝てしまいそうになっていると、吉祥寺駅に着いていた。本当に、ゆみが一緒に歩くよりも早く駅に着いてしまった。

「すごい混んでいる!」

「そりゃそうだよ。どこの学校も、会社も隕石のせいで休校で、家に帰るんでしょう」

お姉ちゃんが、ゆみに言った。

2人は、大混雑の吉祥寺駅の構内に入ると、井の頭線のホームに向かった。

「ゆみ、迷子になるから、私の手を離したらだめよ」

お姉ちゃんが、ゆみの手をしっかり握る。

「乗れるかな?」

井の頭線の電車も大混雑だった。2人がどこに乗ろうか迷っていると、誰だかわからないけど、男性の手に引っ張られて、電車の中に乗り込まされていた。

「ここ空いているから、座りなさい」

お姉ちゃんの手を引っ張ってきた男性が、お姉ちゃんに声をかけた。

「ありがとうございます」

お姉ちゃんは、男性にお礼を言うと、その空いている席に腰掛けた。

「ゆみ、ここに座りなさい」

ゆみは、お姉ちゃんに言われて、お姉ちゃんのお膝の上に座った。

「おじさん、ありがとうございます!」

ゆみも、その男性にお礼を言うと、

「いいよ、いいよ。良かったな、座れて」

男性は、超大混雑の満員電車の中で、揺られながら答えた。井の頭線の急行は走り出した。

「お姉ちゃん、わざわざ井の頭公園駅でなく吉祥寺駅に来たけど、東松原駅って急行停まったっけ?」

ゆみが聞くと、

「あ、そうだよね」

お姉ちゃんは、失敗したって顔をしていた。

「この電車は急行ですが、緊急事態のため各駅停車にて運行します」

車掌の車内放送が流れた。

「良かったな。このまま東松原駅まで行けるよ」

2人の会話を聞いていて、東松原駅が目的地だと知ったさっきの男性が声をかけてくれた。ゆみは、その男性に向かって、嬉しそうに微笑んだ。お姉ちゃんも会釈した。

マイホームにつづく

Related Post