BREAKING NEWS

お姉ちゃんの部活

「ねえ、祥恵。どこにする?」

祥恵たちは、お昼ごはんを食べ終わって、学校の体育館に戻ってきていた。

「やっぱ、運動系のクラブがいいかな」

「確かに、私もそう思っていた」

祥恵の返事を聞いて賛成したのは、同じ1組の美和という女の子だった。祥恵と美和ともう1人一緒にいるのは、ゆり子という女の子だった。3人とも小等部からずっと一緒のクラスメートで大の仲良しだった。

「ねえ、祥恵。午前中ホームルームのとき、祥恵と一緒に並んで座ってた背の小さい子いたでしょう。あの子がもしかしたら、祥恵の妹?」

「うん」

「ええ、なんで私たちに紹介してくれないのよ」

「これから私たちとも同級生でクラスメートなんだし、真っ先に紹介してくれても良かったんじゃないの」

美和とゆり子は、祥恵に文句を言った。

「ああ、だって、どうせクラスメートなんだし、そのうち、あなたたちとも話すと思って」

祥恵は、2人に言った。

「祥恵ってさ、自分の家族のこと話すの苦手だよね」

「確かに。なんか家族のこと紹介するのが、恥ずかしいことのようにコソコソしちゃってさ」

2人は、祥恵を攻めた。

「そんなことはないよ。ないけどさ」

祥恵が口どもっていた。

「まあ、ちょっとは、その気持ちわかるけどさ」

「でも、あの妹さん。とっても可愛らしい子だったのよ」

「うん。祥恵の妹とは、ぜんぜん思えない」

美和が言った。

「だから、ちょっと恥ずかしいのよ」

祥恵は、2人に言った。

美和やゆり子は、背が高い方だった。祥恵も背が高かった。3人とも活発な方で、祥恵とゆり子の髪はショートで、美和の髪は、2人よりは少し長かったが、ショートボブぐらいだった。

ゆみは、お母さんに言われるままに、髪は長くストレートで、胸の辺りまで伸びていた。背も、お姉ちゃんたちとは5歳年下ということを考慮しても、さらに小さくひょろとしていた。

3人とゆみとでは、ぜんぜん体格が正反対だった。

「もう、ゆみの話はいいよ。どの部活にするか見ようよ」

祥恵が、2人に言った。

「へえ、ゆみって言うんだ。ゆみちゃんか」

「かわいい名前じゃない」

2人が笑った。

 

体育館は、小分けに仕切られていて、入口脇の方では、バスケットボール部とバレーボール部の部員たちがそれぞれデモンストレーションをしていた。体育館の一番奥には、入学式のとき校長先生が話していたステージがあり、ステージの上では演劇部の部員たちが演劇の披露していた。

体育館の真ん中、中央辺りでは、踊りを踊っている部員がいた。3人は、しばらくの間、踊りを夢中になって眺めていた。

「どうですか?一緒に踊ってみませんか?」

ダンス部の先輩が、3人のところにもやって来て勧誘して来た。

「踊りは、面白そうだけど、なんか自分がやりたい部活とは違うな」

「確かに」

祥恵と美和は、話している。ゆり子は、自分が入部したいクラブを探すというよりも、純粋に、それぞれのクラブの部員たちがパーフォマンスしている姿を見ることを楽しんでいた。

「やっぱり、ここが良いかな」

「ね、私もそう思っていた」

祥恵と美和は、体育館をぐるっと一周回って、バスケットボール部のパフォーマンスをしているところに再度戻って来ていた。

「ここにしようか」

「うん」

2人は、バスケットボール部に入部することに決めた。

「ゆり子は、どうするの?」

「私は、部活はいいかな。帰宅部ということで」

ゆり子は、2人に言った。

はじめての英語につづく

Related Post