BREAKING NEWS

わるい仲間

ゆみは、竜の後について、手作りブランコがぶら下がっている木の下辺りまで行った。

「おーい、ゆみを連れてきたぞ」

竜は、ほかの子たちに、連れてきたゆみのことを紹介した。

「こんにちは」

子どもたちは、ゆみの周りに集まってきた。ゆみは、チラッと見ただけで黙っていた。

「ゆみ、愛想悪いじゃん。なんか挨拶してやれよ」

竜が、ゆみに言った。

「なんで、あんたさ、あたしのこと呼びつけにしてんのよ」

ゆみは、竜に文句を言った。

「別にいいだろ。ゆみって呼んだって」

「ぜんぜん良くないから。あたしとあんたとは、友だちでもなんでもないし、大体あんたいくつよ?あたしの方が年上でしょう?」

「おまえより一つ上だから」

竜が答えたので、ゆみは、何も言い返せなくなってしまった。

「まあ、でもいいや。じゃ、今度からは、ゆみちゃんって呼ぶようにしてやるからよ」

竜は、ゆみに言った。

「ぜったいやめて!あんたなんかに、ゆみちゃんなんて呼ばれたくもない」

ゆみが、竜に言い返した。

「じゃ、なんて呼べばいいんだよ」

「うーん。ゆみさんとか、今井さん」

「なんだよ、なんで俺とおまえの仲で、そんなゆみさんみたいな他人行儀で呼ばなきゃならないんだよ」

「って言うか、何よ。俺とおまえの仲って。あたしたち、ぜんぜんそんな関係じゃないでしょうが」

ゆみが、竜に言い返した。

「で、彼女を本当に連れて行くのかよ?」

公園にいた子どもたちの中の1人が、竜に聞いた。

「ああ」

竜は、その男の子に頷いた。

ゆみには、竜とその男の子がいったい何の話をしているのかが、よくわからないでいた。

「おまえにさ、この地下シェルターの町の現実を見せてやろうと思ってな」

2人の会話を不思議そうに聞いていたゆみに、竜は答えた。

「別に、あんたに見せてもらわなくても間に合っているから」

ゆみは、竜に言い放った。

「それより、もう約束の5分経っているよね。あたし、帰るからね」

ゆみは、車に戻ろうとしていた。そんなゆみの腕をいきなり掴んで帰さないとばかりに、竜に取り押さえられてしまった。

「放してよ。5分だけ付き合ったら、もう放っておいてくれるって約束だったでしょう」

「そうかよ、逃げるのかよ」

竜は、ゆみの腕を離しながら言った。

「逃げる?」

「ああ、逃げる気だろう。俺たちが、これから一緒に連れて行こうとしているところから」

「なに、それ?」

「とりあえず、ついて来いよ」

竜は、先に立って歩き出した。ほかの子たちも皆、竜の後についていく。男の子も、女の子もいた。竜以外の子たちは皆、ゆみよりも年下の小さな子たちばかりだった。

ゆみは、皆が歩いていく方を見たが、自分はそのまま車の方に歩き出した。

「おーい、逃げるのかよ!ゆみは弱虫だな」

車に向かって戻ろうとしているゆみに、後ろから竜が声をかけてきた。

「別に弱虫じゃないし、逃げてるわけでもない。あんたたちの行くところになんか興味がないだけよ」

ゆみが、竜に言い返すと、

「とか、負け惜しみ言ってますけど・・」

竜が、ほかの子たち皆に話すと、ほかの子たちが、ゆみのことを笑った。それを無視して、ゆみが車に戻ろうとしていると、

「おお、こんな小さい子たちに笑われたまま、負けて帰るのか」

竜が、ゆみに言った。その言葉を聞いて、

「別に逃げてないし、あんたたちに興味もないし、ただ、ちょっと暇だから散歩するだけだから」

そう言って、ゆみは、ほかの子たち皆を追い抜いて、竜たちが歩いていこうとしていた方向に向かって、歩き出した。

そんなゆみの姿を見て、竜は後ろでニヤリとほくそ笑んでいた。

エリートとみなし子につづく

Related Post